取り扱いブランド

クリスチャン・フィッシュバッハ

クリスチャン・フィッシュバッハとは

1971年に日本フィスバとして日本に事業展開。

ヨーロッパより輸入されたインテリアファブリックに加え、縫製技術も導入し、国内メーカーでは見ることのなかった16工程の縫製ラインを「フィスバ縫製」として発表しました。それは今日でも、美しいシルエットを長く保つハイクオリティな縫製として認められています。

常に新鮮で感度の高いデザイン性と高品質な素材を発信することが変わらぬ哲学であり、その独創的なコレクション と品格へのこだわりで、創業時より世界で広く“オートクチュール”と称賛されて来ました。日本でも高級ファブリックメーカーとして、高く評価されています。