取り扱いブランド

カリモク家具

商品ピックアップ
  • THE FIRST

    THE FIRST

  • カリモクの学習家具

    カリモクの学習家具

  • カリモク新作家具

    カリモク新作家具

  • カリモク家具 ぴったりベッド

    ぴったりベッド

カリモクとは

初代社長の加藤正平が、江戸時代から続く家業であった木材問屋を継ぎ、愛知県刈谷市に木工所を創業したのが1940年(昭和15年)。

戦時中はやむを得ず銃床なども制作。戦後は機械輸出用の梱包函、ミシンのテーブル、ピアノの鍵盤などを次々とてがけて木工技術をみがく。1962年(昭和37年)、自社製品として国産家具の製造・販売を開始。高品質でかつ廉価であったため評判となり、「カリモクの家具」として全国販売に着手。その後、さらに高品質家具ブランド「ドマーニ」を発表。国産最高級の家具としてのブランドを確立して今に至る。近年ではミラノ・サローネなど、海外見本市にも出展を続けており、欧米も“Karimoku”ブランドが浸透しつつある。「カリモク」は「刈谷木材工業」を地元民が愛称として呼んだところから名付けられたものと言われている。

カリモクのこだわり1 〜素材〜
素材

カリモクの理念は「品質至上」です。独自の高度な乾燥技術を駆使して「狂い」の少ない家具を作ります。
その原因は木材に含まれる水分のコントロールがポイントです。適切な含水率管理こそが良質な家具を作ります。
そのためにカリモクは独自の乾燥技術を確立し、実施しています。厳しい品質管理こそが、長く愛される家具を作り続ける秘訣なのです。

カリモクのこだわり2 〜技術〜

カリモクは、家具を美しく見せる塗装や縫製仕上げといった外から見える部分だけでなく、内部構造など見えない部分にも手を抜くことなく、確かな品質を追求しています。おいては、職人の技とエレクトロニクスを融合させた加工技術で、より完成度の高い製品制作に取り組んでいます。また、何工程にもわたる複雑な加工を合理化することにより、はじめてリーズナブルで安定した製品づくりが可能になります。
そこに伝統的な匠の技や洗練されたセンスを加えて、機械加工だけでは表現できない、いわば「カリモクオリジナル」の造形力で、確かで高品質な家具を制作、お届けしております。

技術

カリモクのこだわり3 〜品質管理〜
品質管理

カリモクは家具の耐久性や安全性を確保するため、あらゆる使用環境を想定して厳しい試験や耐久検査を実施しています。
家具の耐久性を確保するために用途に応じた様々な品質検査・試験を行っています。布や革といった張り地の強度試験、椅子類のシート繰り返し重量落下試験、繰り返し傾き試験など、カリモク独自の厳正な基準に基づいて行われております。
また、耐震対策にも留意し、安全確保のための試験も行っています。リビングボードや食器棚などについては、今までの耐震検査、検証を通じたデータに基づき、家具として最大限に安定したデザインで設計。耐震対策を取り入れた食器棚も発表しています。