カリモク家具

カリモク家具ぴったりベッド

理想の睡眠の条件は、一人ひとりすべて異なります。

カリモクのベッドは、その方の条件に合わせて「調整」できる、ダブルクッション構造。
自然なしなりの“ウッドスプリング(板バネ)”を並べた“ウッドクッション”は、部位ごとに硬さを変えられて、理想に近い寝姿勢を実現します。

硬さやスプリングの有無を選べるマットレスには、高い体圧分散性と通気性を生み出すハイテク素材を採用。
ウッドスプリングとのトータルバランスで高い次元の睡眠環境をお届けします。

カリモクのダブルクッション構造

マットレスできめ細かく体圧を分散しウッドクッションで寝姿勢・寝心地感を調整するカリモク独自の構造

理想の睡眠条件

ベッドは、寝姿勢、体圧分散、寝心地感、3つのバランスがとれたものが理想です。
ウッドクッション調整シミュレーター

理想の寝床内条件

それらに加えて、明るさや室温などの寝室環境も快眠バランスを整える要素と言えます。
寝ているときに身体の触れるところ=「寝床内」の温度や湿度が快適であることが良い寝心地感につながります。

私たちは寝ている間に体温を下げるため、大量の汗をかきます。それらの水分をスムーズに放出してくれる寝具を選ぶことは、高温多湿な日本においてはとても大切なことです。
しかし、放湿性がよいといっても、快適な環境にはダニやカビがつきもの。これらはアレルギー・ぜんそくの原因にもなり、良い寝心地を妨げる要因になります。手軽にできることでは日光消毒も有効ですが、水洗いができれば更に効果的です。

健康的な睡眠のためには、温度・湿度を適度に保つ機能性と、清潔さを保てるメンテナンス性がある寝具なのかを、ぜひチェックしたいものです。

快適な睡眠タイムを過ごすには、寝室の環境も重要です。
生活騒音や過度の照明は睡眠の妨げになります。また、部屋の温度や湿度を快適に保つことも大切。寝室の温度は23~25℃、湿度は50~60%が最適です。