耐震対策

耐震対策

家具の転倒対策で最も効果が高いのは、建物本体へ家具を固定する事です。

カリモクでは1500mmを越えるボードには「転倒防止チェーン」を標準装備しています。また、「転倒防止L型金具」や「ガムロック」もオプションでご用意しています。これらの壁面固定器具を壁面下地にしっかりと固定し、さらにそれらを複合的におこなうことでより安全性が高まります。

転倒防止チェーン
チェーンの両端を、ボード上部と壁面下地にしっかりとネジで固定します。ボード上部面に対して45度以下で取り付ける事でチェーンへの負荷を軽減し、より安全性が高まります。(下地に芯があることを確認してください。)

転倒防止L型金具
ボード上部と壁面下地にしっかりとネジで固定します。ボードの機種によっては全く前から見えないように取り付けることも可能です。

ガムロック
ボード上部と壁面に取り付けます。超粘着面がしっかりと貼り付き、伸びることで振動を吸収します。釘を使わないので壁や家具に穴を開けることなく固定が可能です。
※壁面クロスの強度にも左右されるので他の固定方法と共に複合的な使用をお勧めします。

飛散防止フィルム貼りガラス
フィルムの粘着面が割れた破片を保持してくれるので、飛び散りにくい安全構造です。割れた場合の危険性−細かな破片が保持しきれず下に落ちたりといった事はありますが、大きな破片が飛んでくるといった大きな危険性は回避できます。

耐震ラッチ
地震の揺れを感知して開き扉の開閉をロックします。