ダイニング

食事という「作業」をするための家具ですから、そのスペースがどれくらい必要なのか確認しておきましょう。

意外に必要な奥行きスペース

一人あたりの食事スペースは横幅60㎝〜70㎝、奥行き30㎝〜50㎝必要です。
そうすると横に二人並ぶときに必要なスペースは120㎝〜140㎝、向かい合う場合の奥行きは60㎝〜100㎝が必要となります。
ここから、一般的には4人がけのテーブルは、幅120㎝〜135㎝×奥行き80㎝〜90㎝が標準とされております。
それに椅子がつきます。椅子は手前にひいて座ります。その距離が少なくともテーブルから60㎝は必要です。
そうすると、ダイニングに必要な奥行きはテーブルの奥行きにプラス120㎝が必要になります。
幅120㎝、奥行き80㎝のテーブルを4人で使うなら、少なくとも120㎝×200㎝のスペースがいるという勘定になります。
また椅子の後ろに通路を確保するとなるとさらに60㎝が必要になりますから、テーブルの横幅よりも奥行きのほうがスペースが必要だとわかります。

椅子とテーブルの高さの関係

ダイニングテーブルの高さは、低すぎても高すぎてもよくありません。両手をテーブルに置いた時に、肘の曲がりが90度になるくらいの高さが最適とされています。テーブル表面と椅子の座面との高低差は27㎝〜30㎝が疲れにくい最適な距離とされています。テーブルの高さが70㎝なら椅子の座高は40㎝〜43㎝となります。これは当然個人差がありますので、やはりショールームなどで、実際に座り比べる必要があります。

ダイニングテーブルには4種類ある

ダイニングテーブルには大きく4種類にわかれます。それは脚の形状で、2本脚か4本脚の違いと、角型か円形かです。
角型2本脚の場合は、椅子をあまり後ろに引かなくても出入りできますが、妻手側に座ろうとすると脚がじゃまになり座れません。
角型4本脚の場合は、妻手側にもすわれますが、椅子を大きく後ろに引かないと出入りできません。
円形の4本脚は座る位置がかぎられますが、一本足のものなら、座る位置が限定されません。
但し、4本脚のほうが、安定性があります。

すわり心地にこだわる

ダイニングは食事をするだけではなく、家事や読書、親しい友だちとの交流などダイニングで過ごす時間は意外に長いものです。当然すわり心地の良い椅子が必要です。カリモクは「すわり心地」にこだわり、独自の工夫を重ねて、軽量ですわり心地の良い椅子を開発してきました。特に大切な点は体圧の分散ができるだけ均等になること、座った時に背骨が正しく自然なS字の形状を無理なく維持できるか、の2つでした。

クッション構造の工夫
耐久性のある布バネ、3次元立体編み物「フュージョン」を使用。
さらにフレーム座面部分も人の体の線に合わせた曲線にカットするという手間をかけています。