素材

布は織り方や繊維の組み合わせで表情が変わります。その多彩な表情はファッションとなって、広まって行きます。
家具の張地も強度上の制約があるため、ファッションほどではありませんが、風合いや表情がお部屋のコーデイネーションに大きく影響します。また、繊維の原材料によっても変わってきます。以前はできませんでしたが、最近では自宅で水洗い出来るカバーリング仕様のものが増えています。

繊維の特徴

綿
植物繊維で最も身近な繊維です。肌触りがよく吸水性に富んでいるため、涼感を感じます。発色性がよいのですが、シワになりやすくなりやすく黄ばみやすい繊維です。

ウール
動物繊維でやはり私達には身近な繊維です。空気をたくさん含んでいるために温度調節効果もあり、「冬暖かく。夏涼しい」繊維です。水洗いするとちぢみやすいので、水洗いは避けることをおすすめします。

ポリエステル
合成繊維でシワになりにくく、吸湿性がすくなく速乾性に優れています。薬品、カビに強い。

レーヨン
再生繊維で原料は木材パルプ。木材の中にある繊維素(セルロース)を取り出して糸としています。精製されたパルプに薬品を加え粘性の溶液(ビスコース)とし、それをまた繊維状に再生しているところから再生繊維と呼ばれています。吸湿性、吸水性はあるが、摩擦にはやや弱い。

アクリル
合成繊維で、ウールを目指して作られたものです。かさ高で弾力があり、耐光性や発色性にすぐれています。吸湿性や耐熱性は低いのですが、カビや害虫に強い特性があります。

本革

動物の皮膚をそのまま剥ぎ、製品として使用したものを皮といい、動物の皮膚の毛を除去しなめしてあるものを革といいます。
動物の皮は、一般にそのままだと固くなったり腐敗してしまったりするので、これらを防ぎ、皮を柔らかくして耐久性や可塑性を加え、「皮革」として利用するために必要な作業が「なめし」です。なめし加工を施すことにより、単に動物の皮膚だった”皮”から、製品に使われる”革”へと変化します。原始時代、人類は自らの唾液で皮をなめしていました。古代になり、植物に含まれるタンニンを利用してなめす方法が開発され(タンニンなめし)、長らく使用されてきましたが、化学薬品で処理されることが多い素材です。最近では環境問題の観点から、「タンニンなめし」が見直されています。家具では主に牛革が使われます。

革の仕上げ 〜革の仕上げにより風合いが変わります。

ナチュラル・セミナチュラル仕上げ
染料主体で天然の味わいを追求した革です。牛が生きていた時の傷などがそのままあじわいとして残ります。

スムース
表面をなるべくそのまま生かして塗膜を薄くつけた革。しなやかであたたかみがあります。

ネオスムース
スムースと同様に仕上げますが、部分的に型押しをした革。

レナスムース
塗膜を施し、型押しした革。均一の表情に仕上がります。

※一般的にナチュラル仕上げはダメージを受けやすく手入れが必要となりますが、革本来の風合いが生かされます。塗装が厚くなればダメージには強くなりますが、革本来の風合いは失われていきます。
椅子張り用皮革について詳しくはこちらをご覧ください。
http://kawazen.co.jp/

天然木

天然木にはさまざまな種類があり、また各々個性があります。季節や風土により一枚一枚の表情や色、風合いが異なります。それが、年輪をかさねて杢(もくめ)となります。年輪は1年に一つずつ増えて行くので、年輪を数えるとその木の生きてきた歳が分かります。
夏には成長が早くなるので年輪の感覚が広く、色も薄くなります。冬には成長がおそくなり、年輪の感覚も狭まり色も濃くなります。同じ種類の木でも重ねてきた年輪は異なり、人工ではできないさまざまな「模様」を描きます。まさに自然が生み出す芸術といえるものです。この特徴を「ナチュラルマーク」と呼んでいます。これこそは「天然の証」と言えるものです。

天然木の模様(ナチュラルマーク)

材色の濃淡
赤い部分は木の中心に近いところ。白い部分は木の外側に近いものです。

虎斑(とらふ)
ナラ・オーク材特有のところどころに出る「斑(ふ)」の模様が虎の縞にみえることから「虎斑(とらふ)」と呼ばれています。

柾目(まさめ)
材料のとり方で表情は色々になります。

板目

木は製品になってからも呼吸しています。その土地の風土に合わせようとして、微妙に伸縮します。場合によっては割れが生じることもあります。それこそが、天然の木の証です。