お知らせ

記事詳細

2016/05/29 更新

カリモク家具の修理 その5

16050201-thumb-500xauto-2305

これも25年使用のダイニングチェアの修理です。

当時の売れ筋  【 ノバリエ 】 というシリーズで

ほかにソファや食器棚などの品揃えが有りました。

 

今回は椅子の修理です。

CS3600BZbefore

シートは革張りですが、ひび割れています。木部塗装も

経年劣化でかなりのいたみです。

16050204-thumb-500xauto-2314

シートをはずして、木部の塗装を剥がします。曲面ですので、機械ではできません。

ひたすら手で、丁寧にむきとって、塗装前の表面に仕上げます。

16050206-thumb-500xauto-2321
目止め用にステインをすりこみます。

木目にまんべんなく行き渡るようにして、余分なステインは拭き取ります。

 

16050205-thumb-350xauto-2317
中塗りをします。これをきちんとやっておくことで綺麗に仕上がるようになります。

 

最後に仕上げの塗装を施します。

 

cs3600BZafter

シートも新しくなって25年前の姿になりました。

カリモク家具 「修理インフォメーション」より