東京都羽村市の「まいまいず井戸」 – カリモク特約店エーアイディー

STAFF BLOG
スタッフブログ

東京都羽村市の「まいまいず井戸」

こんにちは。

カリモク特約店エーアイディー

多摩オフィスの加藤です。

 

今回は、カリモク家具 多摩ショールームの最寄り駅、

JR青梅線の羽村駅前にある、東京都史跡「まいまいず井戸」に

ついてご案内いたします。

こちらが「まいまいず井戸」です。

武蔵野台地は、地下水脈が深く、

水を得るためにくずれやすい砂礫層を

かなりの深さまで彫り下げる必要がありました。

 

江戸時代中期以前は、垂直な井戸を深く掘ることは難しく

その為に考案されたのが、この「まいまいず井戸」です。

 

まいまいず井戸は、

その形がまいまい(この地域の言葉で、「かたつむり」のこと)

のように見えるところからきた呼び名です。

 

井戸枠までは斜面を廻るように道が設けられ、

あたかもかたつむりのうずまきのように見えます。

都指定史跡、昭和27年11月3日に史跡指定されました。

秋の紅葉を散策し、まいまいず井戸を見学しながら、

ぜひ、多摩ショールームへご来館下さい。

 

エーアイディー多摩オフィスのスタッフが

ご来館お待ちしてます。