水戸オフィスにいる「私」の地元は東京都北区です – カリモク特約店エーアイディー

STAFF BLOG
スタッフブログ

水戸オフィスにいる「私」の地元は東京都北区です

みなさん、こんにちは。

水戸オフィスの小出です。

グリーン住宅ポイントのお客様対応もしております。

 

今回は水戸には関係なさそうで、関係が有るお話です。

私の地元である、東京都北区にある「飛鳥山公園」についての

情報になります。

 

「飛鳥山公園」には、新一万円札の顔になる渋沢栄一が

晩年の住処とした渋沢家 飛鳥山邸があります。

 

その渋沢栄一が仕えた徳川慶喜は水戸藩の七男です。

ですから、水戸と関係がある話なんですね。

 

その邸宅がある飛鳥山公園には都電に乗って行きます。

飛鳥山公園には、古い都電の車両も置いてあって、

私の子供が小さい頃は中に入って遊ばせました。

飛鳥山公園は春にはお花見の名所になります。

でも、現在は何と言っても

「晴天を衝け大河ドラマ館」で賑わっています。

 

公園内には、渋沢栄一が建てた

「晩香盧」と「青淵文庫」が現存していて

予約をすれば館内を見学する事も出来ます。

 

「大河ドラマ館」では、

2024年発行予定の“新一万円札”の顔になる事が出来ました。

水戸オフィス、グリーン住宅ポイント窓口の小出です。

でも、やっぱり地元で一番ご紹介したいところは、

飛鳥山公園から徒歩10分、

平塚神社を抜けて

上中里駅前にある

立ち飲み「いこい」です。

味は一流、価格は三流!

とにかく、「うまくて」「安い」

どうです!魅力的でしょう!!

遠方からも「いこい」を目当てに来られるお客様もいるんです。

みなさんも、東京に来られたら、

北区、中上里駅前にある「いこい」に足を延ばしてみては?

もしかすると、私「小出」がそこにいるかもしれません。